織姫オペラシアター、復活させます

あともう一つ、告知をば。

織姫オペラシアター、活動を再開します。

ただし、全く同じ枠組みではじめたら、過去と同じ問題をもう一度踏むだけ。

いまは2018年。2006年とは全く状況が違います。
2018年らしい形で、織姫オペラシアターをもう一度立ち上げ直します。

  • 短期的には、そして必要なければor能力がなければ長期的にも実演実施にはこだわりません。2006年時点ではオーケストラ・合唱・演劇ともに実演企画がほぼ皆無でしたが、いまやサブカルオケはプロ楽団含め多数存在。サブカル合唱団は今年合唱祭が5回目記念。演劇もけっこうあるはず。織姫がわざわざ四苦八苦してやることじゃありません。
  • ですが、実演可能性には引き続きこだわります。実演できない楽譜をDTMで創ってもしょうがない。それは織姫、そして私個人のこだわりです。
  • オーケストラはある程度までDTMに頼ります。この12年で一番力が変わったのがここかと思ってます。
  • というわけで、まずは合唱団、それも宅録合唱団から。Magna Solemnitasをはじめとして宅録合唱はそれなりに実績を積んできました。これをある程度常設の宅録合唱団に育てていきます。そしてやり方を定着させていきます。
  • それと、ボイドラ系はどっかでちゃんと手を付けておきたい。交響歌物語のためにも、自分が持っておかねばならないスキルセットの一頁です。
  • 政治的な説明責任を担保する枠組みは検討中。当面の間、まずは問い合わせくださった方への説明責任として動いていきます。

h-chromatique.hateblo.jp

 

新しい織姫オペラシアターが目指すものは、チームプレイの器です。

それ以上でもそれ以下でもありません。

交響歌物語のシナリオライターさん募集、第n弾( or n度目の正直)

さて……

自分の音楽活動のうち、同人として自分でサークルを持たないとできないこと、というのが、現時点では1つだけ残っています。
それは、商業的な枠組みには乗せようがない類の大規模企画。

今度の作品、型式だけは既に決まっています:「交響歌物語」。
自分のサークルの売り物になっているオーケストラと合唱とロマン派系統のこってりしたサウンドで、歌物語を創ります。

Magnaを完成させてから1年ほど休んで、次の企画の準備を始めていました。自分にとってこの企画をやるのに足りないものはシナリオ・歌詞書き、歌い手、そして絵師さん。一番最初に足りなくなるものはシナリオです。
なので色々な方に打診をかけてみました。

なのですが、やはり作品のイメージがまだ固まりきっていないということで、多くの方から途中降板を頂くことになってしまいました。
Magnaのときは作業期間に1年半かかっていて、今度の交響歌物語は多分それよりも作業期間かかります。なので早い時期に降板いただくのは正直言えばお互いにとって多分良いことではあります。

なのですが、私だけに限るといつまでたっても作品制作の目処が立たない、という状況でもあります。正直幸せなものじゃありません。
というわけで、n度目の正直で改めて交響歌物語のシナリオさんを募集します。

しばらくごちゃごちゃやっている間に、実は「原作」を1つ提供いただいております。
ただ、原作といっても企画規模と比べるとそれほど骨子が固まっているものではないと認識しています。

我こそは!という方がいらっしゃいましたら、Twitterとかメールでご連絡ください。
規模が規模なので、しばらくメール等でやりとりして企画完遂への道筋を見つけつつ、場合によっては直接お会いしてキックオフしましょう。

【お知らせ】コスプレ&ポトレ向けの水中撮影入門本、出します&練習会もやります

さて、以前からちょくちょくお知らせしていた水中撮影入門本。
いよいよリリース近づいてきましたので、お知らせさせてください。

underwater-cosplay.dreamlog.jp

2018/05, 06にかけて、コスプレ・ポトレ向けの水中撮影入門本をリリースしてまいります。

この夏にコスプレやポトレで水中撮影をやりたいという方に向けて、何を練習すれば安全に楽しく水中撮影できるのか、といったところをまとめています。
水中撮影は過酷で大変だという声も聞くのですが、ポイントをちゃんと押さえて練習しておけば、本番がとても楽になります。

リリース名義は、メンバ皆さんと話し合った結果、東京おさかなの会にしました。今年からオープン運営を始めたオタク水泳部のプロジェクトです。

swimee.blog.jp

2018/05のリリースは、理論編。

コミティアに Harmonie Chromatique がサークル参加しますので、そこでの頒布を予定しています。Zatta交流会の課外活動部さんにも委託を予定。
こんな内容を予定しています。

  1. 水中撮影の美しさ、魅力の出所(雪風ゆいさん)
     オタク水泳部でもコアメンバーをお願いしている雪風さんに、こちらの企画でもコアメンバーとしての執筆をお願いしています。彼女は本業が社会科学専攻の大学院生な方なので、そちらの本領を水中撮影ターゲットに発揮した記事をお願いしました。
     水中撮影のフロンティアといえばこの方!な柚コトキさんのご協力も頂いて、魅力の源泉と未来を縦横無尽に掘り尽くしていただきました。
  2. フォトグラファーとモデルさんにとって必要なスキルと意識の基本(あかみ)
     こちらは現場の声として、あかみが担当しています。撮影に特化というよりは、水の中で楽しく安全に活動するための基本的なことをまとめています。
     色々なロケーションで撮影していくための個別スキルは、6月の実践編に掲載予定です。

2018/06のリリースは、実践編。こんな内容を予定しています。

  1. 様々なロケーションでの実戦的なノウハウと作例
     経験豊富なコスプレイヤーさん、フォトグラファーさんにお願いして、色々なノウハウを執筆お願いしております。関西の水中撮影ガチ勢:城戸春人さんにもご執筆をいただいております。
     内容の詳細は、もうしばらくお待ちください。
  2. もっとエッジ効かせた撮影の話題
     難易度が跳ね上がる水中でのマーメイド撮影や、スキューバダイバーさんとの連携といった話題を取り上げています。

実はこのツイート、この本のキックオフ企画でした^^
水中撮影ノウハウって上げている方があまり多くいらっしゃらないみたいで、私のところと城戸さんのところを読んで水中撮影を始めた、という方がけっこういらっしゃるのですよね。

 

そして、本のリリースにあわせて練習会も開催します。初回は4/18,  その後4/30に予定しています。 4/18はセーフティ・レスキューの特別練習会、4/30は初心者向け水中撮影練習会&その後オタク水泳部の普通の水泳練習会です。

特に4/18は、タンクを背負わない前提での水遊びレスキューとしてはおそらく日本最高峰のレッスンです。平日一日吹っ飛ぶ企画ですが、可能な方はぜひご参加ください。このレベルの機会、世の中にはそうそうないですよ?

underwater-cosplay.dreamlog.jp

atnd.org

5/19-20の木更津スタジオ撮影会にも、あかみと雪風さんで参加予定です。水中撮影でお困りのこととかありましたら、せっかくの機会ですし是非ご相談ください。お手伝いできることもあると思います。

 

4月~6月の即売会、リリースお知らせ

M3には出ないって宣言したばかりですが、そもそも同人音楽から引退するなんて言ってませんよ?

 

ってわけで、4月~6月、色々とリリースがございます。お知らせをば。

 

まずはこちら。

もろもろ告知が遅くなって申し訳ありません。

4/1、大阪春のゲームマーケットにて、私が参加している作品がリリースになります。
C-12、「賽狂卓」さんにての頒布です。東京での頒布予定は……まだ確認取れていません。すいません。

 

その後、M3ではコンピレーション2作品参加予定です。

「きのこVSたけのこコンピ」 2018年M3春 Ark of Phantasm

そして、もう1つコンピ参戦予定ですが、こちらはまだ告知できる体制にないのかな。

コミティアでも合同制作が1本ありまして、曲を提出していま収録等進めてもらっている段階のはずです。

 

音楽以外だと、以前からちょくちょくお話ししている水中撮影入門本。

5月のコミティアで理論編、その後6月のcosnugで実践編の2分冊でのリリースを目指して作業を進めております。

 

てわけで、なんだかんだでけっこう出すものあるなぁ……?

批判とアドバイスの話〜文フリvs裏書典騒動から〜

今週、ちょっとした騒ぎになっていた裏書展問題。

裏書展、かくして吹っ飛んでしまいました。

文フリの望月さんは謝罪をされたようで、その謝罪を外から「謝罪として成立していない!」とか叩くことには何の意味もないですから、謝罪をされたことは良いことと認めて評価します。

ただ、責任を十分に果たしたとは私は考えていません。

……というのは置いておいて、批判とアドバイスの話。

私も即売会主催経験のある人間ですし、初回の主催のときには多くの方のコンセプト提示に本当にお世話になりました。なので、社会への貢献として他の新人の即売会にアドバイスを出すことは惜しまないつもりです。

今回の騒ぎを通じて、何が良いアドバイスなのか、批判とは違うのか、を考えてみましょう。

アドバイスは誰のため?批判は誰のため?

まずはこれです。アドバイスは、即ち対象を改善するためにあるものです。第一義的には相手の即売会のためにあります。
一方、批判は即売会を社会的に正しく位置づけ、問題があればその問題を社会に向かって指摘するためにあります。第一義的には社会のためにあります。

批判を禁じるというつもりはありません。正当かつ健全な批判は民主主義、そして自由な思想表現の根幹、一丁目です。批判が出ることはむしろ良いことです。

ですが、批判は相手の即売会を良くすることに繋がるとしても、良くするためにあるものではありません。場合によっては批判を通じて相手の即売会を潰すことが社会的に良い結果に繋がる、という事例もあり得るでしょう。
アドバイスは徹頭徹尾相手の即売会の改善のためにある、と考えれば、まずはここが批判とアドバイスの最大の違いになります。

筋の通った問題提起を

今回、文フリの望月さんからは個人情報の取り扱いについての疑義が呈されていました。曰く、技術書典から裏書典へ個人情報を「与えて」ほしくない、と。

その疑義は本当に筋が通っていたのでしょうか?私はそうは思いません。

個人情報をそういう形でやりとりすることは反社会的だ、ということは多くの人が理解していると思います。当然技術書典は分かっているでしょうし、裏書典がそのことを理解していない、という主張は不自然です。
不自然な主張をするには、何らかの証拠(直接でも状況でも推論でも)が必要です。望月さんは主張を何らかの証拠で裏付けているでしょうか?もしくは推論、憶測でもかまいません。何かしらの憶測がついていたでしょうか?いいえ、ついていませんでした。

異常な主張に根拠もつけないというのは、私は単なる言いがかりだと思います。

言いがかりに対してもきちんと対応する必要がある、という「民主的」なアプローチもあり得ないとは言いませんが、個人的見解を言わせていただくと、その類のアプローチは議論のリソースの浪費にすぎないと考えます。

問題提起の裏には、解決策がある

何かの問題が提起されたということは、(筋が通っていさえすれば)解決すべき点が提示されたということです。即ち、解決すれば改善に繋がると考えられます。

本来、即売会の存続が良い状況ならば、あるべき批判はそのような形です。批判を通して社会を改良することも当然できます。他の即売会が評論の横展開を受けて、問題を未然に防ぐこともできるでしょう。

即売会を批評で潰す、ということ

あまりに酷い問題が発生している場合は、即売会そのものを叩き潰すような批判が必要かもしれません。今回の裏書典問題はそのような事案だとは考えませんが、思考実験としては「成立してはならない」類の即売会を考えること自体は可能でしょう。

本当に即売会を潰さなければならない場合、公然とやるのは危険なように思います。必然的にとても強い表現を使わざるを得ないわけで、公然とやるよりは裏で直接即売会の運営中止を説得するほうがトータルで健全なアプローチになるような気がします。

なお、サークルが集まっている状況下であれば、よほどの深刻さでなければ即売会を強引に開催しきることを優先したほうが良いでしょう。そのためにはチーム丸ごと乗っ取るアプローチが必要なこともあり得るのですが、外形的には浦賀船渠事件とあまり見た目が変わらないです。

最後は倫理に裏打ちされた決断と後世の評価だけが判断基準になりそうだ、という気がしなくもないです。

文フリは何を考えるべきか

元々文フリのボイコットを呼びかける記事を執筆予定していたのですが、望月さんが謝罪されたことを受けて、執筆は中止しました。

ですが、現状で望月さんが責任を取ったと言えるかどうかは不明です。

今回の問題は(個人情報の取り扱いを中心に)組織全体の問題も指摘されてはいますが、基本としては望月さん一人の不適任さが露わになった事案と考えます。

望月さんの文フリ辞任、もしくは百都市構想について別の担当者に統括を委ねることは、今回の問題について良い責任の取り方になるでしょう。
もしくは以前から私がツイートしていた通り、(日程こそ文フリ合わせにはなると思いますが)裏書典を文フリにあわせてTRC会議室で開催引き受けることもアリでしょう。

今回の事案は、東京圏で800SP、地方都市も含めたらかなり巨大な即売会開催グループのトップが大暴走を起こした事案です。平時から負っている社会的責任も重大ですし、何かしらの明確な形でおとしまえをつけるべきと考えます。特に今回の発言は百都市構想との間では致命的に整合が取れていません。

百都市構想に共感している地方開催文フリが東京文フリ/望月さんの枠から外れることは、今回の望月さんの発言に対する良い抗議行動になるでしょう。今回の発言は小規模イベントに対する文学フリマによる弾圧行為とも考えられ、何度も言いますが百都市構想とは致命的に矛盾します。

オタク水泳部、サイト公開しました!

さて、去年からちらちら話題は出していたオタク水泳部。

オープンとクローズドの中間くらいで突っ走っていたわけですが、今年からオープンの企画にして運営していこう、というポリシーでした。

というわけで、Webサイトできました。

じゃじゃじゃじゃーん!

swimee.blog.jp

次回のオープン開催の練習会は、先日告知した4/30のこちらと、その後のパート2になります。

 

h-chromatique.hateblo.jp

 この手の企画に興味お持ちな方は、是非お問い合わせいただければ幸いです。

初心者向け水中撮影練習会(4/30)のお知らせ

告知・お誘い系エントリ2連発、第2弾。

以前からtwitterとかでちらちらネタを出していた、水中撮影初心者向けの練習会。
開催が1つ決まりました。

atnd.org

4/30(月曜日/振替休日) 12:00~14:00に、水中撮影初心者向けの練習会を開催します。

主にコスプレ・マーメイド関係の水中撮影で、初心者のモデル・(水に入って撮影する)カメラの皆さんを想定しております。

メニューは皆さんのリクエスト次第ですが、以下のようなところで想定しています。

  • まずは水に慣れよう
  • 撮影で初心者の皆さんが苦戦される、沈み方の話
  • 水中でのポージングと、目の開け方
  • 器材お持ちの方は、お持ちいただければ関連ノウハウを共有します
  • 余裕があれば or リクエストが多ければ、マーメイド/人魚水中撮影への入門としてモノフィンでの泳ぎ方を少しだけ

講師は、東京おさかなの会(オタク水泳部)のコアメンバーが担当します。

参加エントリーは、上記のATNDにてお願いします。
運営側からの連絡する機会があると思いますので、できればTwitterの紐付けか、メールアドレスのご登録をお願いします。

以下折りたたんで、企画への思いを書きました。

“初心者向け水中撮影練習会(4/30)のお知らせ” の続きを読む

きのこ vs たけのこ:コンピ向け合唱曲、歌い手募集

最近告知エントリばかり出している気がしますが、今回もその手のエントリです。

 

以前の記事でお誘いした合唱企画 for きのこたけのこコンピ、本格的に動き始めました。改めて決まったことを掲載します。

h-chromatique.hateblo.jp 

企画の詳細

  • お願いしたい内容

きのこ・たけのこコンピで投稿予定の合唱作品に、参加をお願いします。
今回の作品は、「きのこ・たけのこ市民それぞれの好戦的な合唱」がコンセプトになります。
斉唱となり、声域は問いません。声域が苦しい場合、オクターブ上げ下げして対応していただいてOKです。

  • 参加条件

宅録環境をお持ちのこと。
今回は小規模企画なので、Magnaのときと異なり宅録環境についてのサポートは難しい状況です。

  • スケジュール

2/中旬 歌詞完了
2/下旬 作曲完了、皆さんに収録用音源、楽譜、歌詞等お送りします
2/月末 できればこの時期までに参加要望を頂けるとありがたいです。
3/23 提出締め切り(今回はロスタイムがほぼ用意できない見通しです)

私の合唱企画の常で参加意思表明自体は3/23ギリギリまで受けますが、今回は特に3/23ギリギリだと収録時間のロスタイム確保ができない見通しです。

  • 謝礼

今回、よその作品への投稿参加ということもあり、ご用意の目処が一切立ちません。無償となりますが、申し訳ありません。

  • 参加方法

akami@amanogawa.to あてに以下の内容を書いて、メールをお送りください。

  1. メール題名: 【きのたけ歌い手】の7文字を入れてください。これを入れていただくことで、迷惑メール箱に入ることを防ぐ設定にしています。
  2. 名前(HN)
  3. ふだんの活動場所(サイト, nana, twitter, ニコニコマイリス等)

 

織姫オペラシアターをもう一度考える

私はかつて、「織姫オペラシアター」という大規模な同人企画を運営していました。
この企画の意図は、大まかにみて以下の通りでした。

  • 同人文化圏にオーケストラ、合唱、演劇をインフラとして構築し、運営する
  • それらのインフラを有機的に結合し、同人文化の総力をもってオペラ公演を実現する

多くの方がご存じの通り、この企画は挫折し、結果として組織を解体しました。
スムーズに運営出来ず、目標を達成できなかったという点において、織姫オペラシアターは良い企画ではありませんでした。
良くない企画の立ち上げおよび運営によって、社会のリソースを本来うまくいかない企画に用いたことで、より良い企画にリソースを割くことができず、社会に迷惑をかけたことを引き続き謝罪します。

また、M3準備会をはじめとする社会との間で、私は全く同じ種類の企画を運営してはならない、という社会的合意があったと理解しています。
この合意には2つの意味があります:

  • M3準備会およびコミックマーケット準備会が最大級のインフラを提供し、そのインフラ上にて活動する以上、M3準備会の価値観にはある程度従わなければならないということ。
  • そして、全く同じ種類の企画は自然に考えて全く同じ失敗を引き起こすため、失敗を繰り返してはならない、ということ。

M3準備会がどのように主張するか私は認識していませんが、少なくとも私は以上の認識を持っており、全く同種の企画を再度立ち上げるつもりはありません。

一方、同人の根幹にはクリエイティビティがあり、「やりたいことをやる」ことが尊ばれる空間です。
私は、オペラ公演の実現に向けてのプロセスと位置づけて、織姫オペラシアターで運営するいくつかの企画を検討していました。 それらの企画については、織姫とは別の形をとり、リスクを低減した上で実現したものもありました。典型的にはMagna Solemnitasがその最大のものです。
現在は、織姫オペラシアターをめぐって次のクリエイティビティへ向けての検討を始めております。
織姫オペラシアターはどのような問題を内包していたのか、その問題のうち何が織姫のアーキテクチャにおいて本質的かつ致命的だったのか、もしくは純粋に運営のまずさだけが問題を引き起こしたと言える問題なのか

織姫オペラシアターが引き起こした問題については、問題の解決がなされたことについて社会との合意が作られる必要があります。 そして、現在のところ、何が社会によって問題とされるのか、現時点では私はそのような対話を社会全体との間で行えておりません。そして、今のままでは未来永劫できないだろうという予想をしております。
その上ではありますが、織姫オペラシアターが原理的に間違っていた部分、原理的ではない間違いを抱えていた部分、それぞれを考えることはできるはずです。
これは、織姫オペラシアターという悲劇的な事件を起こした自分が、社会に対してできる数少ない懺悔です。

織姫オペラシアターを正しい企画だったと言い張るつもりはありません。織姫の正当化は、ホロコーストが正しい、911テロが正しい、南京大虐殺はなかった、と言い張ることとほぼ変わらない種類の反社会的言動です。
ですが、織姫が本質的に誤っていた部分を知ることには意味があるはずです。 私は、そのような研究に本格的に着手します。

M3準備会に定期的にサークル参加することをやめる以上、M3準備会の価値観に私はもはや縛られません。
タブーなき形で、織姫オペラシアターの間違いを探求します。  

2018年のHarmonie Chromatique

いつものように年賀欠礼の方もいらっしゃると思いますし、PC的な?ニュアンスをこめて、「あけましておめでとう」とはここでは言いません。

今年もよろしくお願いします。

というわけで、昨年秋を最後に即売会への定期的参加を見合わせることにしたHarmonie Chromatiqueですが、活動を止めるとは言っていません。
ただ、本職が忙しいこともあり、なかなか活動が難しそうだ、という理解はあります。

今年の自分の目標、まずはこんなところでしょうか。

  • 昨年からタスク管理が破綻気味で、音楽関係への工数確保や期日管理ができておらず、多くの人に迷惑をかけている。まずはそこの立て直しを最優先に。
  • 本職の関係で、かなりの低空飛行が確実。低空飛行であること自体は受け入れるが、墜落しないようにする。音楽関係について複数の何かを世に出すことだけは確実に実現したい。
  • 昨年一年かけて色々学んだ写真関係については、自分自身のコアコンピタンスにはしないのを前提に、今後ツールとして使いこなしていく。写真でも何かしらを世に出したいが、優先順位は低い。
  • 大規模企画を1つでもきちんとスタートさせたい。
  • 水遊び関連をきちんと形にして、来年以降の収穫に向けて着実に進めていく。