2019新年のご挨拶

さて。
2019年、平成最後の年を迎えました。

昨年は、たいへん多くの方にいろいろとお世話になりました。同人活動を続けられないかと思ったことも一度や二度ではありませんでしたが、チームプレイへの移行を進めていくにつれて色々と道が開けてきて、来年以降もとりあえずは今の形で進めていけそうです。

2019年もみなさまには大変お世話になります。よろしくお願いします。

さて、今年の計画ですが。
まず、Fantiaの有料運用をスタートしました。いくつかの場所でアイデアを出してきましたが、結局こんな形にしました。

  • 100円コース: 支援ありがとうございます。リターンは支援頂いている方限定の記事になります。
  • 300円コース: こちらが基本コースと位置づけています。制作中の作品、制作完了した作品のスコアなど、公開可能なものはこちらで公開していきます。
  • 500円コース: 新作贈呈つき+交流企画つきのオンラインサロンとなります。多くても年1~3作程度を予定しているので、基本的にはサロンとお考えください。
  • 1000円コース: 旧作も贈呈つき+高額でないイベントへの参加権つきになります。収録等の立ち会いもOKになります。

ぜひともご支援のほど、頂けますと幸いです。

今年の新作や企画ですが、こんなラインナップを予定しております。

  • 3月:幻想音楽祭向けの新作を出します。
  • 6月:オタク水泳部の大きなイベントを画策中。一般募集をかける予定はありませんが、そろそろ動き出して内輪で情報公開予定。
  • 夏:オタク水泳部でもう1本企画を画策中です。こちらは現時点で設計段階で、設計次第では開催不可能の結果に終わるかもしれません。
  • 秋M3:こちらも新作リリース計画が動いております。

是非お買い求め頂ければ幸いです。

近況いろいろ

唐突に近況動画、作ってみました。

色々と回っている、動いているプロジェクトも増えてきました。
ここに出ていない来年秋に向けた企画も動きだしていて、久々に楽しい同人ライフを過ごしています。

自分の過去をなかったことにするわけにはいかないのですが、でも前向きに活動することを社会的に受け入れてもらえるのも遠くないのかな、と思うところです。
ただBtoCの宣伝=一般リスナー、読者への宣伝はまだまだ全然回っていなくて、そういう意味ではBtoCよりもBtoB、既存の企画に参加するってスタイルのほうが自分には合っているのかなぁ、とも思いますね。
だけど結局BtoC=ショーケースで結果出さないとBtoBの案件も取れないし、そもそも自主企画はBtoCだし、同人BtoCでしかできない企画って確実にあるしなぁ……

というわけで悩みどころは多いですが、個人サークルと東京おさかなの会を拠点としつついろいろよろしくお願いします。

合唱の参加募集:circulatio aquae

お久しぶりです。あかみ ( @har_chromatique )です。
来年3月の幻想音楽祭、申込みを済ませてきました。受かれば新作ひっさげて参加予定です。

今度の新作は、circulatio aquaeと題してミニアルバムになります。ミニといってもいつものようにオーケストラ+合唱の作品で、やっていることは重厚ですがね!
コンセプトは「水の循環」。タイトル自体がラテン語で「水の循環」の意味です。雲、大地、海をたどりゆく水と、見守る女神たちの物語となります。

さて、その新作の話。合唱参加者を募集中です。
今回は女声合唱ですので、女声で参加できる方限定となります。男声の方におかれましては、大変申し訳ありません。

今回もいつものように宅録合唱になります。つまり、皆さんご自宅の録音機材でレコーディングしていただいて、私のほうでいただいた歌を重ねて合唱に仕立てます。
提出期限は2019/1/末+ロスタイム。参加期限はギリギリまで大丈夫ですが、参加をお考えでしたら少しでも早く声をかけていただけますとありがたいです。

参加くださる方は、以下の方法でお知らせください。こちらから折り返しご連絡いたします。

  • あかみ ( @har_chromatique )宛にTwitter, DM, その他の手段で問い合わせいただく
  • こちらのフォームに書き込みいただく (できればこちらを推奨 )

Harmonie Chromatique

ここは、あかみが代表を務めております、音系・その他色々系同人サークルHarmonie Chromatique(アルモニー・クロマティーク)のサイトです。オーケストラ、ピアノ、合唱、水中撮影を中心とした作品とプロジェクトがあります。
サークル名はフランス語で「半音階的なハーモニー」の意味。繊細な響きも、深い響きも生み出せる、複雑なハーモニーのサウンドをお届けします。

中の人が共通している以下のグループについても、一部はこちらでご紹介&お知らせしております。

  • 織姫合唱団(2018-)
  • 東京おさかなの会

歴史的に繋がりが深い以下のサークルについての記録も、ここにあります。

  • 萌えさいと。
  • primenotes (中の人が関わった作品のみ)
  • 織姫オペラシアター(-2010年まで)

RENEW UP

2018.11.16: サイトリニューアル。
デザインまわり、見切り発車のところも多々ありますし、工事もまだまだ全然終わっていませんが、ひとまず公開を最優先しました。改めてよろしくお願いします。
引き続き細かいデザイン修正、コンテンツ追加を進めていきます。

自分たちの仲間を守る、ということ。自分たちのために、戦います

昨日、#DTM意見交換会 へ参加してきました。

togetter.com

皆さんコミュニティ構築に苦労すらしていない(素晴らしい結果を出せるかどうかはともかく、構築自体はできている)のに、自分のサークルでは大苦戦ばかりで、外部からの嫌がらせがたくさんある、という状況があります。

そんな話をしていたら、ある方から「あかみさん相手の嫌がらせは今でもたくさんある」という情報を頂きました。

やはりそういうことなのか、と。

この1年ほど少し戦闘的な姿勢を緩めていましたが、いまは自分がチームをちゃんと作っていく段階になっています。チームメンバーへの嫌がらせをスルーするわけにはいきません。
自分たちの仲間を守るためにも、かつてのような戦闘的姿勢を少しばかり復活させていきます。少なくとも、私の仲間への嫌がらせを仕掛けた人は地の果てまで追いかけていきます。

一方で、ちゃんとお話をできる方であれば、お話で問題を解決していく手間も惜しんでいません。当時敵対していた、もしくは潜在的に敵として大きなリスクを見積もらざるを得なかったいくつかのサークルとは、この半年ほどのスパンで今後の相互不可侵を約束することができました。

妙な嫌がらせを仕掛ける前にお話しを頂けると幸いです。

げろすりー2:またまた交通手段のご案内

前回のげろすりーでも中央線南木曾の橋梁流出絡みで交通案内出していた気がするのですが、今度は西日本豪雨で高山本線がやられました。

JR東海公式より「平成30年7月豪雨」に伴う高山本線の被災状況について

今回はげろすりーまでの復旧が見込めない気がしています……特に富山方面からは絶望。
というわけで、交通手段のご案内を。ライブ開始(15時)に間に合う手段をご紹介します。

○東京方面から

下呂温泉直営ツアーバス利用(名古屋経由):

東京駅8:10の新幹線から名古屋乗り換え(長野行き特急しなの)→中津川駅から下呂温泉直営のツアーバスを使ってください。

名古屋経由:

東京発6:50の新幹線から名古屋乗り換え(東海道線大垣)→岐阜乗り換え(高山・太多線多治見行き)→美濃太田乗り換え(高山線飛騨金山行き)→飛騨金山乗り換え(代行バス下呂行き)が、ライブ(15時から)に間に合う最終便になります。

高山経由:

新宿発7:05の高山行きバスからだと、公共交通では間に合う手段がありません。

水中撮影入門本「今日からはじめる水中撮影」入稿できました&6/10コスノーグで頒布します

6/10リリース予定の水中撮影本、ようやく入稿まで辿り着きました。

というわけで、改めて宣伝をば。

6/10に秋葉原で開催のコスノーグにて、「東京おさかなの会」名義で水中撮影入門本を出します。スペース番号はC-09になります。

underwater-cosplay.dreamlog.jp

推奨ハッシュタグは #水中撮影入門本 です。
twitterでは本の内容もお知らせしておりますので、是非ごらんください。

 

チームメンバー募集:デザインとマーケティングまわり

ここ最近、ありがたいことに多くの人との出会いの機会があり、皆さんから頂いたアドバイスやサジェスチョン、ディスカッションを通じて自分のサークルの戦略的なものを見直していました。

ようやく、見直しの方向性が明確に見えてきて、少しずつアクションを起こしています。ついては、一つだけここで発表します。

今後、自分の同人活動は、チーム戦で進めて行くことにしました。
織姫の再立ち上げもその一環ですし、織姫の立ち位置も昔のものとは相当変えているつもりです。

という状況なのですが、チームに足りていない要素がいくつかあります。

まずはデザインまわりとマーケティングまわりが足りていないです。
募集といっても、これは自分たちメンバーが本気で納得できる人が見つからない限り巻き込むつもりはありません。ですが、このあたりいっしょに活動していただける人がいらっしゃるとありがたいです。

チームメンバーに必要な属性のようなことも議論しているのですが、なかなか世の中では見つけづらい特性が必要、ということが分かってきています。なので募集とは言いますが、募集要項はあえて置かないことにします。
こちらから良さそうな人がいたら声をかけるなり、もしくは何かしらあったらご相談するなりしますので、よろしくお願いします。

M3お疲れ様でした&水中撮影入門本のリリース変更について

さて、今日はM3でした。皆さんお疲れ様でした!

 

以前からお知らせしていた水中撮影入門本、リリースを変更します。

コミティア合わせで理論編&コスホリ合わせで実践編という構成を検討していましたが、やはりコミティアってコス方面強いイベントではないですし、分冊になるデメリットが大きいなぁ、ということで。

なので、コミティア合わせでは、当初の内容から「ゆいりんこの水中撮影5W1H + α」を中心に一部をまとめた冊子を無償配布することにしました。是非お受け取りください。
全編はコスノーグ合わせで頒布開始&電子書籍でのダウンロード頒布も予定しております。

5W1H+αのタイトルだけチラ見せ。

 What? (水中撮影とは何なの?):
Who? (誰がやっているの?):
When? (いつやっているの?):
Where? (どこでやっているの?):
Why? (何故水中撮影なの?):
How? (どうやったら水中撮影を始められるの?):
Which? (撮影の場所の選び方は?)
How Much?(どれくらい手間と費用かかるの?)
How Many? (どれくらいの人数で撮っているの?)
What kind of Lesson? (どんな練習普段からやるといいの?)
What Time? (水中撮影、いつやればいいの?)